ナンジャモンジャ、ミドリ・シロ。対象年齢は、無限?

キモカワ生物ナンジャモンジャ!子供から大人まで遊べるカードゲーム

ナンジャモンジャ、ペアセットは白熱する!

子供の発想力をくすぐるゲーム。ナンジャモンジャですね。大人の想像を超えてくるのが子供の良いところですが、ゲームに白熱するあまり、意味不明な名前をつけられると、怒りたくなりますね(笑)

  

10人プレイで、ナンジャモンジャをやることになり、子供大人と混ざって10人でワイワイ。2組のナンジャモンジャミドリとシロを混ぜてゲームをしました。

ペアセットになると、さすがにナンジャモンジャを覚えるのが大変です。想像力より記憶力のゲーム。でも、ナンジャモンジャをやり慣れた子供たちは、意味不明なあだ名ばかりつけますね。 

 忍者とか、千葉さんとか、ゴケ、ミドリ。とか、何がなんだか?ゲームなので名前はなんでもありなんですが、ゴケ?とか考えると余計わけわからなくなっちゃって、何でゴケ?みたいな感じです(笑)

  

 千葉さんとか人名になるのは、想像つきやすくて笑っちゃいますが、、、似てるとそれも失礼で、私の心の中にだけ留めておきました^^ 

 歳のせいなのか?共感ができない名前は、全然覚えられないですね。24枚もなんじゃもんじゃの名前を覚えられないです(T_T)

  

その点、子供の記憶はすごいなと感心感心。瞬発力が早くてパッと言える。早すぎて間違えていることもありますけど、その前にこっちは忘れているという、、、

 案外、ナンジャモンジャは子供が有利なゲームな気がします。

 

特に、ミドリのあだ名は困りました。なぜかというと、緑色のナンジャモンジャ多いんですよ。24枚あると8枚くらいは緑のなんじゃもんじゃがあります。

 結構似ているので、シンプルにカラーで名前をつけられると一気に難しくなります。

ピンクとかムラサキ、オレンジは要注意ですよ、私も何度間違えたことか、、、

  

  

でも、やっぱり子供とやるっていうのが大事ですね、はじめは間違えるのが嫌で、忍者!

とかいうのが、遅れましたが、ゲームとして慣れてくると楽しいです。

  

想像力・記憶力だけでなく、瞬発性や発声練習と、

結構、手でめくって声を出して、笑いあって、頭を使う!

  

なかなか考えられていると思いました^^

 


 

これがなんじゃもんじゃデス。